Sponsored Link


【FF14】 FF Logs の使い方 (登録不要 初心者向け)

自らがだすべき火力の指標として


ffxiv_2016_02_07_01.jpg

最近は、零式でのラグも消滅し
楽しい14ライフを送っております!
やっぱりスイスイ動けると気分が良いですね。





fflogs では登録しなくてもある程度データは見れる

さて今回は巷でもけっこう有名な
fflogsというデータ集計サイトについて
実に多くの戦闘データがまとめられており、
非常に有用なサイトなので、ざっくりとでも知っておくと
DPSの向上に寄与すると思われます。
※以下、ほとんどlogsを触ったことが無い人用の記述です

logsでは登録者がデータをアップロードすることにより
各種データの閲覧利用が可能になりますが、
PT単位でキャラクター実名が出てしまうこともあり、
場合によっては、そういう事を避けたいプレイヤーも存在するため
利用にはある程度注意が必要です。
※当然閲覧しただけで勝手にデータが上がることはありません。

また、
クリア済みの火力自慢な方々がアップした
多数のデータが表示されるため、
現実問題としてクリア到達に必要な数字は別途求める必要もあります。

※※注意※※
以下初心者さん向けの内容が多めです
筆者自身がlogsの機能を全て把握しているわけではないので、
より手軽でわかりやすい方法があるかも知れません。







ff logsのデータによってわかること(初心者向け)


上記の様な問題から
私自身がデータをアップロードした事はありませんが
攻略中、周囲のPTメンバーと比較して自分自身がどの程度火力を出すべきなのか
その指標を確認する方法としては参考になるデータとして有用。


今回は、
登録や戦闘データのアップロードを行わずとも
一部のデータを閲覧する方法、およびそのデータの活用の仕方を紹介
します。






同じDPSというロール内でも出せる火力には差がある


同じDPSの中でも近接とレンジなら
近接の方が当然DPSが高いのが普通ですが、
近接DPSの中でも差があり、

侍 モンク>忍者 竜騎士
となっていて侍とモンクのDPSは高めで、
忍者と竜騎士は前者に比べて低めになっている事が確認できます。
※シナジースキルの存在等によりジョブのデザインがバランス調整されている

この事から、近接2名 キャスター1名 レンジ1名
計4名で構成されるアタッカーの中でも
要求されるDPSの値には差があり
ざっくりとDPSは全員○○以上出ていれば~という話ではなく
このジョブなら○○ こっちのジョブなら○○という具合に
ジョブによって値が変わるという事実がわかります。


ジョブ内でもこれだけ変化があるわけですから
それがロール毎になれば、それ以上に事情が変わってきます。

細かいスキル回しや動きなどを確認する方法もありますが、
レイド初心者なら、まずは自分が使っているジョブが
どの程度の数字を出せる(求められる)立ち位置なのか
確認しておくことは非常に重要。


以下に、簡単に使い方や数字の意味を紹介。








FFLOGS エクスデスの場合


例としてオメガデルタ零式 4層エクスデス(ネオじゃない方)
FF14プレイヤー達が、どの程度火力を出しているのか
それを調べる方法を以下に紹介。
※登録やアップロードは不要です



ff142017.10.07.01.jpg

トップページの左上にある検索バーの横
赤い枠の中のメニューをクリックします

すると様々な戦闘のデータを閲覧できるようになっていますが、
2017.10.07時点ですと一番上にオメガデルタ零式があります
そこをクリックすると各層のボス名が表示されるため
Exdeath(エクスデス)を選択。





ff142017.10.07.02.jpg

次に切り換わった画面の右上の辺りにある統計を選択
すると、みやすいグラフ表示の画面に切り換わります。





ff142017.10.07.03.jpg

赤枠で囲った場所で、調べたいボスの名前を選択
今回ならExdeathを選びましょう。





ff142017.10.07.04.jpg

そのすぐ横 For ALL DPSと書かれている場所をクリックし
閲覧したいジョブを選択すると該当するジョブが
どの程度火力を出しているのかざっくりと確認できます
今回はBard(吟遊詩人)を選択してみました。

すると左横に50 percentile等と書かれた
グラフを見ることができます。






Percentile (パーセンタイル)


ff142017.10.07.05.jpg

パーセンタイルとは集計された数字を小さい順から並べ、
100のエリアに分割したデータです。

例えば50パーセンタイル付近なら、
集計されたデータのちょうど中央位になり


10パーセンタイルなら下から数えて10個目のエリア
つまり下の方

逆に90パーセンタイルなら下から数えて90個目のエリア
つまり上の方

となっています。

よくあるperf(performance)も
この考え方に近いものかなぁと思います。






各々、自分が出すべき火力の目安として


ここを参考にすると各々自分がどの程度火力を出すべきなのか
また、どの程度火力を出せるジョブを使用しているのか

容易に確認することが可能です。

例えば固定のメンバーでDPSで参加している場合
他メンバーが全員50~80per以上程度の値を出しているのに
自分だけ20per程度ならもっと頑張るべきでしょう。

決してDPSの数字が同じだから問題ない等と思ってはいけません。







実際の比較例 モ侍と詩人50Percentileの値を比較


実際に挙がっているデータを参照すると
仮に詩人の50th percentileだと3720程度
※2017/10現在のデータなので参考程度にお願いします

この3720という数字を同じ状況でモに当てはめてみると
20~25per

同様に侍に当てはめると
10~20perで10寄り
の低い値になります。


詩人と同じ50perの値はモなら4120 侍なら4270となっており
流石、アタッカーの中でも1位2位を争う数字をたたき出す職業
という感じ

結果として同じ50perで比較すると詩人3720に対してモ4120 侍4270 なので
詩人よりモなら400、侍なら500~程、高い火力が見込めそうだな
と大体の見当をつけられます

この様に自分が使っているジョブに求められる火力の値を
大まかにですが客観的に知る事が可能。

間違ってもパーティー内での自身の現在の立ち位置がわからない状態で
火力を出している!等と誤認することの無い様注意したいところ。







これらのデータをどういう時に使うべきか


最も気にすべきはクリア直前 初回攻略時

理由は単純ですが、
どのパーティーも一番火力が欲しい時期だと思われるから。

この時期こそ自らがパーティー内でどの程度の位置なのかをよく把握し
クリアに必要な火力に到達するためきちんと努力すべき。

特に周囲のDPSメンバーが全員50~70%と、ある程度の値を出しているのに
自分だけ10%程度とかだったら要注意!
一番伸びしろがあるのは10%の方です。




特に初回クリアがまだ装備が揃っていない時期の場合

FF14には週制限というシステムがあるため
1~4週目程度では、まだまだトークン装備も行き渡らず
零式装備もドロップ運次第 断章の用意や使用箇所の選定も難しい時期。

こういった時期に上位の火力を出すためには、
通常行うべきタイムラインやギミックの理解
スキル回しの練習等はもちろん
薬品の準備や新式の禁断も必要
になってきます

以上の事から
クリア間近の練習時や初クリア時に
logsのデータと比較してパーティ内で高い火力を出している場合
そのパーティーがクリアするため火力面で大きく貢献したと言えるでしょう。

パーティーが最も火力を欲している時期
特に装備の大半に新式が運用されている様な時期にきちんと火力を出してくれる
こういうプレイヤーはとても貴重
です。








タンクやヒーラーは安定性も重視

タンクやヒーラーは多少事情が変わります
例えばタンクなら
4層ネオのケースだと水頭割りへの参加回数や
ダブルアタックをLBゲージのために毎回頭割りしている等

ヒーラーなら
各種軽減がしっかり行われているかどうか

pt全体の火力はどの程度なのか
時間切れギリギリまでMPを残すべきなのか
そもそも時間切れ前余裕で終了するためMPには余裕があるのか等

以上の各種条件もDPSの値に影響するため
特に初回攻略時は、なによりもワイプを防ぐことが大前提であり
LBゲージ増量のため個別のDPSを多少犠牲にしてPTDPSを高めるケースもある等
一概には言えない部分が本職のアタッカーよりは広くなります。
※火力を詰めるため、構成その他諸々最適化されているなら問題ありません






クリア後はそこまで重視しなくとも良い

クリア後は断章や装備がどんどん揃っていき
一度クリアしたコンテンツで詰まるということは稀です
※ほぼ同じメンバーで臨めれば

その場合はクリアという事なら
そこまでlogsのデータを重視する必要は無く
完全にやりこみコンテンツ
まさにクリア後の遊びという状態
になってきます。

周回を繰り返しクリアが余裕な頃になると
初回クリア時にきっちりタイムラインを把握して
新式もガチガチに準備し無駄の少ない動きで、
高い数字を叩き出したメンバーは動きが適当になってきたりします。

周回が進み零式武器や防具をそろえまくった後に
高い数字を出したとしても、そこまで意味は無かったりします。

当然装備が揃えば揃っていない人より火力が出しやすいですし、
装備が揃う頃はクリアは既に約束されたものであり
それ以上の火力はあっても無くてもいいもの。

新コンテンツでの動きはまたそこで練習しますし
個人の楽しみとして記録していく程度でしょうか。






注意


ここまでで今回は終わりますが、
以上の内容をざっとでも頭の片隅に置いておけば
自分が火力的にどの程度貢献できているのかを確認できる
ので
行動の指針を決めやすくなることと思います。

logsのデータは自ら進んで能動的に利用しているプレイヤーも多数存在しますが、
全くの不意打ちで固定、野良問わず、
断り無く勝手にデータをアップロードされてしまったりして
揉めたりというケースもある
ので
アップロードには慎重を期すべき

特に毎週更新されているようなデータはともかく
古い日付で更新されていない様な物は
不意打ちで公開されてしまっている確率が極めて高く
これらのデータは有名な某測定ツールを用いて測定した値を集計したものです
そういったデータを元に
FF14内で個人に指摘したりする行動は厳に慎むべき行為である事を留意
してください。

あくまで私個人の場合ですが、
基本的に自らの火力が低すぎないか確認を行う場合と
固定メンバーに確認やデータの照合を求められた時に使う程度に止めています。

Sponsored Link