Sponsored Link


【FF14】 4.1 最近の金策

4.1 以降行っている金策


奇数パッチ期間ということもあり、新式実装時のような
爆発的な売り上げを得ることは難しい時期ですが、
マウント素材のウキグモソウやレアなミニオン等が
運良く手に入れば、それなりに稼げる期間でした。

以下に一例を紹介。


現在ウキグモソウは栽培方法が周知されており
価格は大分低下しました。








エアシップボイジャー リテイナーベンチャー


最近の金策は手間いらずの
エアシップボイジャーやリテイナーベンチャーがメイン
ウキグモソウ
高値安定の天眼のマテリジャ家具素材等々
を収集しています。

特に栽培方法が判明するまでのウキグモソウは、
かなりの高額で売却できて美味しかった。

この手の
供給が少ない(供給方法が極めて限定的orまだ判明してない)
アイテムは総じて高値になりやすい
のですが、
薬品類や食事のように長く需要があるわけではないので
よほど自分自身が必要としていない限り
即座に売却しておくのが良い
でしょう。

逆にマーケットに並んだばかりの早期に
ミニオンやマウント、もしくはそれらの素材類を購入する場合は、
相当程度、値崩れのリスクがつきまといます。

実際の売り上げの一部を以下に紹介。





ウキグモソウの栽培方法が出回る前

ffxiv_20171117_02.jpg

これだけぱぱっと稼げてしまうと
絶や零式で消費する消耗品代等を賄うのは容易になってきます
飛空挺やリテイナーが採ってきたアイテムを出品するだけなのも
手間いらずで良い感じ。





ウキグモソウ価格下落後

ffxiv_20171117_01.jpg

一般的な消耗品類や、
ギャザクラ装備更新に使う
中間素材や、その元素材等。

こちらは価額は下がりますが安定して売れていきます。


完成品を売ることもできますが、
現状は新しいギャザクラ装備がないと困るレシピや
採集に必要なステータスが高めの採集ポイントも無い
ため
せっかく完成品を並べても出品数次第では割りに合わないと感じるかも
堅実回し等が必要な場合はなおさら
売れ行きを見ながらよく考えて出品しましょう。







薬品、食事


絶バハや零式用の食事、薬品類の売れ行きも中々
各種薬湯 等
戦闘時に高い効果を発揮するため一定の需要があります。

ただしこちらは出品しやすい品目であり
ライバルも多数存在しているため、
一気に大量出品はせず、ある程度の品目に分散させて
小分けに出品
すると相場を壊しにくく
コツコツと稼いでいけます。

短時間で簡単に生産可能で手間が少ないのも魅力の一つ。







ウズネアカナル


ffxiv_20171117_03.jpg

一攫千金を狙えるとても楽しい場所!!
なのですが、レベルシンクの影響もあり
ある程度の人数でないと危険な場合も・・・
加えて大人数で地図を消化していくと、
けっこうな時間がかかるのが難点。

8名で地図を1~2枚程度ずつ消化した時普通に2時間近くかかりました。

絶バハ1セット2時間と合わせると計4時間!
これはちょっと気軽に確保できる時間ではないのが惜しい。

30分位で2~3名でも遊べるなら毎日でも行きたい場所。








ギャザクラ装備更新のための素材類


ビクニンオイル


アラミガンファイバー


等の売れ行きも中々です。

ギャザクラが育っていない場合は
双方の元素材となるギラバニア式錬金薬が狙い目
お得意様取引で簡単に稼げる黄貨を交換すれば
ある程度の価格で売却することが可能。








ギャザクラ装備は4.2までに、ゆっくり準備


おそらく、アラミガン系のギャザクラ装備が活躍するのは
4.2での新式装備実装時
それに伴う新しいレシピの追加や
新規採集ポイントの追加
以上が実装された頃になりそうです。

これらの新要素が実装されるまでには
まだ期間がありますので、焦らず
ゆっくりと金策をしつつ装備を更新していくのもおすすめです。

Sponsored Link


Sponsored Link