Sponsored Link


【FF14】 夜光の霊砂の入手方法を考える

夜光の霊砂


最近はコツコツと固定メンバーと絶に通う日々
全滅しまくっても徐々に先のフェーズへ進み
今のところ楽しめているのでバランスには何の文句も無いのですが、
薬品や食事等、消耗品代が馬鹿にならないかなぁと思います。

そこで今回は効果の高い薬品や食事の製作に使う素材
夜光の霊砂の入手方法をいくつか考えます。

自分で使っても良いし
マーケットへ流して売却しても良い
かなり人気の素材ですね。







アジモドキ


ffxiv_20171120_2.jpg

ターゲットはこちらの魚アジモドキ
生息地は以下の画像を参照してください。







スイの里周辺

ffxiv_20171120_3.jpg

紅蓮で追加された海中でのギャザラー
銛を使った漁を行います。

ミドルギグヘッドを装備しましょう!

注意点としては
すぐ近くに別の魚が捕れる領域が設定されているため
マップを良く見たりフィールドマーカーを使ってみる等して
スイの里周辺の海域から出ない様に気をつけましょう。

ハズレ魚の王魚やウミテングにベテラントレードを使い
アジモドキの取得率をアップ。






蒐集品として入手し、精選を行う

蒐集品を取得できるようにしっかりスキルを使い
入手したアジモドキを精選で素材化します。

漁獲量に運が絡むので若干ムラがでるのが難点ですが
のんびりと海中を泳ぎながら漁を行うのが好きな方にはおすすめ。









ギラバニア式錬金薬


別のアイテムを市場で売却し、夜光の霊砂を買う

何も直接、砂を採取することだけが手段ではありません
他の方法で一定の利益を上げられれば、
その収入で難なく大量購入することも可能。









ロウェナ商会取引 黄貨250枚を集めて交換

ffxiv_20171120_1.jpg

いつも冒険者を助けてくれるロウェナ商会
蒐集品として製作したアイテムを納品すれば、
各種アイテムと交換できる貨幣が支給されます。

このシステムを利用し、各種消耗品を手に入れ
マーケットで売却、得た利益で夜光の霊砂を購入することも可能
です。

様々な消耗品がありますが、ギラバニア式錬金薬は一定の需要があり
価格もそこそこのため金策に使えます。

大量に余った素材類を抱えている場合や
比較的低コストな調理等は狙い目。

こちらは製作素材が必要なため多少元手が必要ですが
時間当たりの稼ぎがある程度計算できるのが強み
クラフターが育っているなら手軽に稼げることでしょう。






お得意様取引で黄貨を入手


お得意様取引 シロ・アリアポー

ffxiv_20171120_6.jpg

イデルシャイアシロちゃんに納品
週制限がありますが、手軽に大量の貨幣を入手できます。







お得意様取引 メ・ナーゴ

ffxiv_20171120_7.jpg

こちらはラールガーズリーチメ・ナーゴさん
こちらも週制限ですが、貨幣の量はさらに多くなっています。

※現地で開放クエストが発生しない場合はメインシナリオを進めると良いかも
※4.1時点の分を全て進め終わったら発生しました

上記2種のお得意様取引を消化するだけでも
相当量の貨幣が入手可能であり、
全ての黄貨をギラバニア式錬金薬へ
赤貨はマテリジャ類等へ交換売却すると
手軽にけっこう稼げます。







工匠のデミマテリダ 工神のデミマテリダ


ffxiv_20171120_5.jpg

レヴナンツトールにて
特定の製作アイテムと交換可能なIL70ギャザクラ装備
これら等を分解すると入手できます。
※他のアイテムの分解で入手することも可能







分解スキルがある場合には

ffxiv_20171120_4.jpg

一昔前も金策素材として名を馳せたデミマテリダ
こちらも最近実装されたギャザクラ装備の素材になっているため
ある程度の取引が行われています。

画像のタラン氏が交換してくれるNPC
分解スキルが上がっているなら
レヴナンツトールでIL70ギャザクラ装備を交換し、
分解することによって入手可能。









精選は基本的に手間がかかる


個人的には精選はあまり行いたくありません。

単純に運の要素が強く絡むため
入手量を予想しにくく確実性に欠ける部分があります。

精選素材自体が高額であったりすれば話は別ですが
比較的安価であるならば、
別のアイテムで金策して買う、というのも一手
相場を良く見つつ、適した手段を選びましょう。

Sponsored Link