Sponsored Link


【FF14】 4.2へ向けて

大前提 偶数パッチでIL上限が更新


FF14は装備の寿命が短い

紅蓮のリベレーターあたりからゲームを始めた方々に
まず知っておいて欲しいのは、

「偶数パッチではIL上限が更新される」
というFF14の厳然たるルール。

一定期間をおいて過去の装備は全て型落ち品となり
新しい装備を別途用意する必要が生じます。


4.2という時期はもうほんの数ヶ月後にせまっており
あたらしいバトルコンテンツの数々は
当然上昇したILを基準に突入ILの下限、その他難易度が調整されています。






装備のサイクルが短いため、無理に長時間プレイする必要が無い

この装備のサイクルが短いことが
Time to Winを抑止したデザインの
FF14の魅力の一つ
でもあるのですが、

裏を返せば
現状のパッチでいくら頑張って全ジョブの装備をコンプリートしても
揃う頃にはIL上限が上昇し、
それらの装備性能を大きく上回る品が多数実装
結果集めた装備は使わない。
 と、こうなります。

ここは賛否あるところで、
私個人としては現在のサイクルが望ましいかなぁと思うのですが、
一回ある程度強い装備をとってしまえば、
とりあえずそれでどこでもいける!
というRPGの仕様に慣れている方もいそうなので
FF14とそれらのゲームは
全くゲームデザイン自体が別である
ということを留意しておきましょう。


ただ、人間は「物を揃える」という行為を
本能的に好む生き物なので、
ある程度は誰でも揃えてしまうものなんですよね。

例えば体系化されている書籍のうち1冊を読んでみたケースだと
興味があまりなくとも、とりあえず他の書物を手にとって見たり
同じ作者の別の著書に興味をもったり

何か1点だけ用意した物を気に入り使っていると
関連する物もそろえて置きたくなる・・・という様な習性は
誰にでもあったりします。







4.2へ向けて準備を行う


偶数パッチへ向けて行う準備は、ほぼ毎回同じ

最近は絶バハに通いつつ、
4.2へ向けて準備を始めています。

FF14は前述の通り、基本的に装備寿命が短いため、
現状の様な零式が実装されない
いわゆる奇数パッチのうちに、可能な限り
次回偶数パッチ(今の時期なら4.2)へ向けて
準備を行っておくと色々捗ります。

各種ポイント系をなるべく貯めておく


蛮族クエストをきちんと進めておく


ギャザクラ装備を更新しておく(マテリアは仮留め程度でOK)


戦闘用、ギャザクラ用に禁断を予定するならマテリアの備蓄



等が準備すべき項目として挙がってきます。






ウィークリー(週制限) デイリー(日制限)系は要注意

中でも進捗に一定の時間を要する冒険者小隊や
蛮族系(4.2ならコウジン族)等は要注意


もしも、
これらに有用な報酬アイテムや交換アイテムが設定された場合
きちんと小隊員の育成をしておいたり
蛮族貨幣の備蓄が充分に無いと、
高騰した特需の品をマーケットから購入するハメになりかねません。








冒険者小隊


ffxiv_20171206_01.jpg

蛮族デイリーは可能な範囲で貨幣をきっちり備蓄し、
冒険者小隊の方はレベル上げはもちろん、
自分が欲しいジンクスの取得のため、
毎週何度かはきちんと任務に就かせたいところ。

攻略任務で小隊員と一緒にIDへ行ける様になり、
実装初日から何度かIDへ行きましたが
その後はあまり時間を確保できず
あえなく修正を迎え号令連打での快適な攻略は不可能になりました。

現在は昔からあった、通常の小隊任務を実行し
少しずつ小隊メンバーの育成を行っています。

目的は4.2へ向けて
各種交換ポイント類等を得られるジンクスの習得!

特に各種スクリップや、軍票等は
一定の用途が既に与えられていますし
今後マテリジャ類を拾ってくるなら
マテリア系も有用になるかもしれません。

それらをなるべく高い確率で取得してくれる様に
コツコツと回していきたい・・・
40%~50%とかは中々習得しないみたいですね
リアルラックの関係もあるのでしょうが、
見たことがありません!






トークンなどの備蓄も早めに済ませておく


はっきり言うと装備ILの更新を控えた今の時期に運用する頻度が低い
サブジョブの装備を充実させてもあまり意味が無いと言えます。

既に現状のトークンでの交換アイテム類は多数実装済みであり
それらにさらに追加~~というのは可能性が低いような気がします
既存のアイテムをある程度備蓄しておけば問題なさそう。

何かあっても上限まで確保した状態で4.2を迎えれば
そこまで問題では無いでしょうし、
4.2が実装されれば既存のIL装備は全てお蔵入り
新しいトークン装備や新式
ノーマルオメガ品等を用いて零式へ行く、
いつもの流れになることが予想されるため
仕様的にそこまで問題には成り得ません。

いざとなったら周回でトークンは集められるため、
それ以外の上記に上げた項目を少しずつ準備すれば
4.2開始時点で有利にコンテンツを消化していけるでしょう。

Sponsored Link