Sponsored Link


【FF14】 最近の零式 4.25

零式の消化について


ffxiv_20180218_01.jpg

最近、FF14へのログインは若干減少気味ですが
零式の消化はしっかりと行っています。

今週はどんな装備がドロップするかな~と
ワクワクしながら固定のメンバーと遊びに行く時間は
やはり楽しい
ものです。

ただ、以前の様に零式に対して
エキサイティングな気持ちは薄れつつあるのが現状
周囲を見渡すと似たようなプレイヤーが増えつつあるのでしょうか?

私個人の場合、理由は様々ですが
主に絶の存在に拠るところが大きいですね。










零式と絶の関係性


零式固定は欠席者が出ても、時期があまりにも遅くなければ
募集やRFでどうにかなる


対して
絶は進捗が進むと野良募集があまり機能せず
RFも無い(あっても機能するか怪しい程の高難易度)
そのため、
あらかじめ固定で挑む必要性が高いのですが、

そうすると、「零式だけで充分」というメンバーとは
固定を組みにくくなってしまうんですよね。

人柄もよく、PSも零式対応には何ら問題ないという
ありがたいプレイヤーだったとしても
残念ながら
絶にも遊びに行く固定を組みたい側と、
絶はもういいや側で別れざるを得ません


加えて、いまや最高難易度は零式ではなく「絶」であり
現状の零式は装備のファーム場所、いわば練習場の様なイメージ。

絶は特別だ~とか、どんなに取り繕っても
そういうヒエラルキーになっているので
これはもう仕方ないところ。










零式装備を有用に使える場所


レベルシンクやILシンクが行われる事が多いFF14
例えば、最近実装されたエウレカはIL300シンク

エキルレに変わるトークン収集場所としても機能する
人気のコンテンツですが、零式の装備は別にいりません。

絶以外で零式装備が有効に機能する場所は・・・
エキルレやフィールドのモブ戦位でしょうか。

エキルレはエウレカでも良いわけで、

絶までやらないのに零式周回?
あれ、次の零式前にまた新式とトークン装備くるよね?
今、最高難易度は絶だし、零式装備の意味って?

と、いう思考へ流れるプレイヤーも多そう。

つまりは、零式は
零式装備を集めるという楽しさと合わせて
最高難易度を突破できたんだ!という達成感
2つが合わさって人を惹きつけるコンテンツとして成立していた

と、考えられなくもありません。










最高難易度へ挑むということ


絶に関してですが
当然、難しいコンテンツだと明言されているわけですから
クリアは保証されているものではありませんし、
そういった尖ったコンテンツでは
プレイヤー側で意見が分かれる事もあるでしょうし
それはそれで問題は無かろうと思います。

ただ、それでも体験してみたい
真剣に取り組んでみたい・・・と思う理由、それは
やはり最高難易度へ挑んでみたいという
気持ちによる
ところが大きく感じます。

以前PDが当時最高難易度だった零式に対して
全国大会の様なものだ~というような発言を行った事もあり
そこから例えるなら、

全国大会へ出場して勝ち進むという
成功体験に価値を感じていた・・・
というプレイヤー層が一定数いるのではないでしょうか。

競技人口の多いスポーツ、部活等は
各、都道府県ベスト4位にもなると
それはもうそれ相応のレベルのチームが火花を散らしており
全国大会へ進むのは並大抵の事ではありません。

そういった部分を疑似体験できる・・・というのは
やはり魅力的に感じられます。

配信動画をみたりするのも
なんだかプロのスポーツ観戦を楽しんでいる様な
ちょっとそういう気持ちになったりもしましたしね。










明日(2018年4月14日)は第43回PLL


第43回FFXIVプロデューサーレターLIVE

公式によると、
明日の18:30頃からみたいですね!
週末、土曜日ということもあり
多分視聴できそうなので、とても楽しみです!

エウレカへの遊びの追加や
新規エキルレIDやアライアンスID等の、新装備のデザイン
絶に関する情報
等、色々気になります。

エウレカが実装された最近のFF14は
遊びの幅が、どんどん広がっている感じがしているので
新しい情報に期待して視聴する予定!










Sponsored Link