Sponsored Link


【FF14】 patch 4.4 以降行っている金策

ウズネアカネルへ行ってみたい


ffxiv_20181007_02.jpg

楽しい金策として定番の地図消化!
魔紋が開いた後のウズネアカナルに
画像の様なルーレット風味の新要素が追加されたので
是非とも遊びに行ってみたいのですが
今はまだ零式へ行く人も多い様子で
人が集まりません。

2~3名だとちょっと敵が堅くて面倒なイメージがあるので
4名~程度は欲しい感じ。

なので、現状行っている金策は
偶数patch定番の物となっております。












新式装備の販売はそこそこ、メインは消耗品


ffxiv_20181007_01.jpg

単価が高めでドカン!と儲かる新式装備

こちらの製作は、当然クラフターとして行うわけですが
魅力的な商材のため
出品者としてのライバルもそれなりに多く
需要には限りがあり
マーケットへ張り付き値下げを繰り返すプレイヤーも多かったりします



そこへ来ると食品や薬品類は気軽に出品できて良い感じ。
単価は安めですが需要が長く続き
まとめて購入されるため在庫がはけるのも早い
上記の様な状況のため、
あまりにも大量に出品したり
大幅に値下げたりしなければ
値下げ合戦に発展することも少なめ!

気軽に作れて安定した収入が見込めます。

上記の画像はpatchが当たってまだ早い時期のため
食品類といっても、それなりの価格で売れてくれています。
零式攻略の合間に出品するだけで充分な収入に!










新式禁断が気軽に行える程度の財力は欲しい


さて、
金策をする意味についてですが、
やはり最大の理由は新式やギャザクラ装備の禁断にあるでしょう。

2層や3層の攻略記事にも書いた通り
初週や2週目程度の零式では新式は絶大な効果を発揮します。

そういったところでしっかり動いていると
零式つながりでフレが増えたり、良い出会いがあったりもするので
個人的には新式禁断はかなりオススメ。

先述の様に新式装備をちょこっと
後は消耗品の出品でも数千万程度は軽く稼げるため
禁断用のギルには困らなくなります。

次回の零式、拡張へ向けて早め早めに
マテリア類やギルの備蓄を始めたいところ。

Sponsored Link


Sponsored Link