Sponsored Link


【FF14】 タンク不足の原因 02

蒼天のイシュガルド 3.x時代


ffxiv_2016_02_07_01.jpg

前回 タンク不足の原因01 アクセサリー問題の発端はコチラ

世界トップレベルの腕前を持つプレイヤーですら
長期間の攻略期間を要した、
機工城アレキサンダー零式 起動編が実装。

私個人としても思い出深いエンドコンテンツなのですが、
特筆すべきは、やはり苛烈を極めたDPSチェックでしょう

どの程度厳しかったのかというと、
現状数日でエンドコンテンツを終わらせてしまうような
トップレベルのプレイヤーをもってしても
1ヵ月以上の攻略期間を必要とするほど
でした。

単純なギミックチェックでは腕前の良いプレイヤーを
長期間足止めするのは困難なため、
装備次第では絶対に突破不可能と言っても過言でないレベルの
厳しいDPSチェックが存在
しました。

結果として世界トップレベルのプレイヤーでも
数週間かけてトークンを集めつつギアチェック(装備チェック)を突破
する
そんな事態になっていました。






零式 起動編3層でナイトが死滅


ff14.2017.09.09.01.jpg

新生時代からタンクの最大派閥だったナイト
そのナイトに悲劇が訪れます

苛烈を極めたDPSチェックを突破するため
当時の攻略パーティーは全員で火力を搾り出す努力を行っていました。

そこで、MTとしてより火力を出して行ける暗黒騎士に注目が集まります
実際にクリア済みの構成を見ても暗黒騎士ばかりでナイトの姿が見えない・・・
そんな状況でした。

続く4層でも魔法攻撃に対して有効な防御バフ、デバフを完備した
暗黒騎士は高いジョブ適正を認められ
、一躍MTの地位を確実に。

この後、蒼天時代零式4層におけるジョブ適正は
暗黒騎士のほうが総じて高めであり、ナイト不遇の時代へ突入
私自身ナイトを出すことは、ほぼ無くなりました。






当然、単純にジョブチェンジしただけでは攻略は不可能

暗黒騎士が火力を出せるとは言っても、
従来のターゲットのホールドや誘導などは当然こなした上で
敵の行動パターン、タイムラインを覚え、防御バフ回しを確定
ディフェンススタンスを切った上で確実な防御バフ合わせができなくては
話にならない
レベルの難易度でした。
当然相方タンクやヒーラーとの連携もより重要になり、
禁断していないとか論外もよいところ

他ロールにしても難易度の上昇は当然あり、
まさに起動編零式3層以降は多くのプレイヤーが
当時、未体験の高難易度であったと言えるでしょう。






もし暗黒騎士が実装されていなかったら・・・?

この時、苛烈なDPSチェックに耐えかねたタンクは相当程度
転職や引退
を余儀なくされました。

新ジョブ暗黒騎士の実装である程度タンク人口が増加していたから良かったものの
その増加分が全く無かった場合はさらにタンクの人口は減少していた
かもしれませんね。






タンクへのSTR要求度がさらに高まる

DPSチェックが厳しくなったので
当然と言えば当然なのですが
この頃になると、禁断程度のSTRでは不足で
アタッカー職用のSTRアクセサリを運用
するタンクも増えてきました。

まさしくVITがついているだけの
タンク用零式アクセは無価値なアイテム
となり
ハズレ品として認知されていきました。

加えてタンクはアタッカー職がneedしていく
STRアクセを別途集める必要が発生
し、アクセサリー問題がより根深いものへ。







3.2で 「1回目」のタンクの火力の大幅下方修正


ffxiv_20170909_03.jpg

しっかりとホールドや誘導というタンクの仕事をこなした上で
かつタイムラインの暗記からの
完璧な防御バフ合わせでスタンスを切り換え
アクセサリの禁断等で火力も絞りだし

起動編零式をクリアした後、

タンクの火力が大幅に下方修正されました。

このころのタンクは極まった動きを習得した場合
本職のアタッカーにも匹敵する数字を捻り出すケースもありました。
※流石に練度が同程度なら本職には及びませんが

結果としてタンクの火力が高すぎるという話になり
大幅な火力の下方修正
が行われました。

ただし、この時
多くのタンクプレイヤーはそこまで不満の声を上げませんでした
なぜなら、今まで切望した修正が実装されたからです。






タンクのダメージ計算式が変更 VITの値も火力に影響するように

これにより、零式等エンドコンテンツでドロップする
タンク用のアクセサリーだけが
ゴミのような扱いを受けているという状況に終止符
がうたれ

言ってしまえばハズレアイテムという不遇の存在が
修正により有用なアイテムに生まれ変わるという革命
が起きました。

この時タンクの火力は大幅に下方修正を受けましたが、
上記のアクセサリー問題の改善もあり
タンクを含め多くのプレイヤーが好意的に受け止める、良調整として
高く評価されました。






どの程度タンクの火力は下がったのか

数字を計れない人にもわかるように説明すると
IL30分以上低下しました。

バージョンアップに合わせて言うと
3.0零式を周回し
IL210の装備を揃えた状態の火力を出すために
3.2で実装される次の零式の装備
IL245武器 IL240防具を完全にそろえて
どうにか戻ってきたかなぁ位


簡単に言うと新しい零式の装備を全部そろえて
前の零式時点の火力が出るかなぁというところ。

装備更新が入る大型patch一回分の低下ですね。






それでも今後VITも有用になるのなら

より良い食事などでVITを伸ばす意味も増え
火力は下がったけど今後も、このままなら悪くないよな~という
概ね好感触な調整だったと記憶しています。









紅蓮のリベレーター 4.0実装


その後緩和を繰り返す零式をクリアし
4.0へと時代は移り変わります。

ここで再度、タンクの火力の大幅下方修正が実施されます。









4.0で 「2回目」のタンクの火力の大幅下方修正


ffxiv_20170909_02.jpg

4.0実装で盛り上がる中、
タンク不足を加速させる大事件が発生。

ダメージ計算式が昔に戻り、
VITアクセが再度ハズレアイテム化しただけでなく
合わせて大幅な火力下方修正
まで行われました。








ナイトの次は戦士の数が激減

さらに各種スキルの調整や支援系スキルの有無から
3.x 蒼天時代STの座を不動のものにしていた戦士の牙城が陥落
前述の火力の大幅な低下と、
シェイクオフの謎性能の評判もあり
戦士の人口が大幅に低下しました。

結果として比較的良調整と評判だったナイトへの着換え
新ジョブ侍への転職などを行ったプレイヤーが多数発生。

※※※
シェイクオフの調整は早期に発表済みですが
4.1での修正予定のため9月現在未だ放置されています。


4.2現在ではシェイクオフの効果変更、解放とバーサクの一元化が適用され
使用感や周囲の状況には変化が起きています。








4.0以降タンクを出すプレイヤーが減った


いや~流石に私も驚きましたよ
2回も大幅に下方修正したってことは
3回目も4回目も想定した方が良いのでしょうか?

みなさんも知ってのとおり
新式禁断が最強の座へ逆戻り
結果として零式1層へタンク以外でRFすると長時間の待ち時間発生
パーティー募集にもタンクの空きが目立ちます


タンクへのあまりの仕打ちに
運営に嫌われた不遇ロールとして広く周知されたのか
タンク人口は減少の一途

拡張直後にも関わらず
レベリングルーレットでの待ち時間が長すぎるため
不足ロール集客(不足ロールは99%タンク)のため
不活性クラスターが不足ロールボーナスに設定された
のは記憶に新しい事実。







LV50・60ダンジョンのルーレットにDPSで申請

ffxiv_20170913_01.jpg

特に不活性クラスター等の
集客に有効な報酬アイテムが設定されていない
LV50・60ダンジョンのルーレットにDPSで申請してみました
最初こそ10分待ちと表示されたものの、
実際は画像の通り30分以上の待機時間を要し
マッチングが成立しIDへ入るまでに40分
ほどかかりました。
※稀に10分以内でマッチングする嬉しい時もあります

LV60時点でとりあえず一式の装備を揃えられる
無制限トークンの詩学がボーナスに設定されているので
積極的に申請しているのですが、なかなか厳しい状況。







あまりにもマッチング速度が違う事により、発生する弊害

最近はDPSが楽しいのでレベルレ等を活用し
レベル上げを行っているのですが、
マッチングした直後にタンクさんが退出してしまっている状況に何度か遭遇。

原因はおそらくですが、
不活性クラスターを取得しつつも
経験値効率の良い紅蓮以降のIDで遊びたい 
からなのかなぁと推察します。

理由は単純でレベリングルーレットの報酬である
不活性クラスターは何度でも取得可能
ですが
経験値の増量ボーナスについては1日1回のみであり、
適正レベルのIDに当たらないと経験値の取得は見込めないという事。

タンクは、ほぼ即座にマッチングするので
気に入らないIDだった場合はやりたくないという意思が透けて見えます。








数値上の下方修正以外にも問題が


心情的な問題 今後の下方修正に対する不安

数値上の火力の下方修正以上に、
運営側の対応の一貫性の無さに不安を感じたり
「せっかく練習して火力だしても、また下方修正されるかも」
「コンテンツをクリアするためがんばって火力出したのに、出すなって・・・」
「運営はタンク嫌いなのかなぁ どうせなら好かれてるロールで遊びたい」
という不安や疑念は当然出てきても仕方ないかと。

バハ時代から長く交流のあった腕利きのタンクが
今回の零式からDPS職で遊ぶことにする~という事で
アタッカーに着替えて固定を抜けたりとか

私自身4.0以降野良で遊びに行くときは
DPSやヒーラーを出すことが増えたりとか、
そういう流れが出来るのも致し方ないと思います。





タンク不足の原因 まとめ

火力の下方修正やアクセサリーによる問題以外に
元々、タンクが面倒な要因として

マクロの用意

通常IDでのまとめて(まとめないで)

零式ドロップ品は常に取り合い(ヒラも)

火力を出すためには相方タンクやヒーラーの動きの理解と打ち合わせ必須

どんなに火力が下がっても、エンド攻略時は火力を出さねばならない



この辺りがよく話題に挙がります
・・・が、私個人としてはこの辺は
問題というよりタンクの特徴ではないかと思っています。

度重なる下方修正やアクセサリの問題に比べれば
まぁそれほどでも無い様な。

ただ、先述の2度の大幅下方修正に加えて
タンクが増えない原因になっている
事は間違いありません。
 






今後に期待


中々、長期間に及ぶ問題であり、
一度解決を見たかと思われた矢先
4.0で再発した感のあるタンク問題ですが、
個人的には今後は徐々に解決されていくのでは・・・と感じています。

理由は簡単で不活性クラスターの様に都度
集客できる報酬を設定したり、
徐々にではありますが零式のドロップシステムも改善されてきています。

なんらかの調整が今後入ればより良いのは間違い無いのですが、
FF14はタンクだけで成り立っているゲームではなく、
DPSやヒーラーも楽しいゲームですからね。

今後のバージョンアップに期待します!


5.05にてアクセ問題が改善!
アクセとドロップシステムの仕様に修正!

Sponsored Link


Sponsored Link