Sponsored Link


【FF14】 5.1へ向けてやっておきたいこと

第54回FFXIVプロデューサーレターLIVE にて


ff14.2019.09.21.01.jpg




スキルの調整により今より色々難しくなる可能性が?

そろそろ、零式熱も冷めてきて
クリア済の層へ遊びに行ったりしつつ
のんびりと次のpatchを待つ今日この頃。

先日の第54回PLLにて
来るpatch5.1特集(第一回)が放送されました。

新しい絶シリーズの実装や
各種の新要素等が並び
とても楽しみな内容だったのですが、

中でも期待しているのが
クラフターとギャザラーの大改修について。

結論を先に書くと
現状より、消耗品や完成品のHQを作るのが
難しくなるかも
~と感じました。










クラフター&ギャザラー 大改修


ff14.2019.09.21.02.jpg


各種の既存スキルの統廃合や

一部スキルの調整等により
より、新規のプレイヤーが遊びやすくなる
様な
仕様の調整が行われる模様。

ギャザクラ系はスキルが非常に多く
複雑でわかりにくいイメージがつきまとっていたので
これは大歓迎!

・・・・なのですがクラフターに関して
特に気になる発言が一点ありました。










座れればHQ


現状、アクションを効率的に組み合わせると
そこまで禁断せずとも
労せずHQ品を生産できるという
かなり優しい難易度
になっています。

ここにテコ入れがなされる事によって
状況が大きく変わってくる可能性

相当程度高くなってきました。





難易度の高いレシピの実装

禁断をより高いレベルで要求される
必要ステータスが高いレシピが
実装される可能性
があります。

今までは各種スキルの組み合わせで
ある程度のステータスでHQが作れていましたが
そういった事が難しくなってくる
・・・という懸念。

今後のコンテンツだと
イシュガルド復興
指定される納品物のレシピはもちろん

次回の零式実装時に導入される
新しい戦闘用装備(新式)や
新しい食事や薬品類も
今までより
製作が難しくなるかも
しれません。





既存のレシピの製作難易度も上昇するかも

零式需要が落ち着いてきたとはいえ
イシュガルド復興で使用するかもしれない
中間素材

次回の零式実装直後
1層突撃時点程度まで普通に運用され得る
現状のIL450の食事や幻薬G2
こういった需要が継続的に続く
定番のアイテム群も、

スキルの調整によって
今までより高いステータスを要求される蓋然性が
かなり高まってきた
と感じます。










自らが消費するアイテムは備蓄しておきたい


食事、薬品、ギャザクラマテリアを貯める

以上を踏まえ
自らが消費していく食事や薬品類は
普段より多少多めに製作
しておく予定。

何もなければ売れば良いだけですし
時間を見つけて備えておこう~というところ。

加えて
今後の追加レシピが
現状より要求ステータスが高かった場合に備えて

各種マテリア類も貯めておく必要が出てきました。










5.1へ向けてやっておきたいこと まとめ


既存レシピの高難易度化へ備え、食事薬品を備蓄

新規レシピの要求ステが高かった場合に備えマテリアを備蓄


スキルが統廃合されて
綺麗さっぱり、わかりやすくなる!
のは大歓迎
なのですが
この調整の本願

大して禁断しなくとも
スキル回し次第で余裕でHQを生産可能

という
簡単すぎる現状を是正したい!!

という事なのかな~と感じる部分もあります。

どちらにしても
こういった発表があったことをうけて
普段より多少余計に備えておいた方が
良いかも知れません。

Sponsored Link


Sponsored Link