Sponsored Link


【FF14】 最近のゲームプレイ状況

FF14は、ほとんどやっていません


ff14.2020.08.16.jpg

最近のゲーム状況なのですが、
FF14は家の維持だけしかしていません。

マイスターを全て回すためにアカウントは3つ保有していますが
家管理用に1アカだけ課金を継続し他は課金停止済み。

理由は単純で、
やってみたいな~と思えるコンテンツが無いから
という感じ。










楽しい!と思えるコンテンツだけを遊べば良い


1年も遊べば、誰に言われることもなく
プレイヤーの大半が気づく事ですが、

FF14は完全なIL制が敷かれており
やっておくと、後々有利になる~というコンテンツがほぼありません

零式の実装と合わせてILが上がり、装備が強化されはしますが、
どこへ行ってもレベルシンクでキャラ性能の上限が下げられ
鍛えたキャラクター性能を活かせる場は限定されています。

そのILすらも、
2年の拡張前にジョブ性能や装備品含め全てリセットされます。
(見かけ上の数字だけは増えますが、それだけ)

こういうシステムだとわかっている以上
面白そう!と感じられるコンテンツしか触らなくなって当然

面倒だなぁ~とか
これ、ちょっと微妙じゃない?とか
思った時点でスルーで良い
のです。










絶や零式は面白いが


このあたりは好みによりますが、
他のコンテンツ
時間消費を強要される単純作業型(ギャザクラ系全般)
PVP系その他~にはあまり惹かれません。

PVPだと気軽に対人が楽しめるゲームが他にも沢山ありますし
ギャザクラ系は頑張っても得るものがあまりないため。

絶や零式は面白いのですが、
現状では、logsの認知度が高まり
そこでの数値はまるで現実空間での偏差値のような価値を持ち始めています。


FF14はスキル回しの理解や練習という
スポーツライクな楽しさがあるゲーム

ギミック処理の暗記や反応という
ペーパーテストライクな楽しさもあるゲーム

しかも気軽に休止復帰できる~という素晴らしいゲームです

しかし、学生時代に多くの人が経験した
部活や試験のようなものなら確かにとっつきやすいのですが、
実際に、それそのものに非常に近しい状況になってしまったら
ゲームの範疇を超えてしまいます


なぜなら、ほぼ同様の作業を強いられていると感じた時点で
実際に現実空間にその時間を投資した場合に得るものと比較すると
決して軽視できるものではない
からです。










時には距離を置くことも必要


あくまで個人的な感想ですが、
零式○週目クリア 
絶クリア logs何色~みたいな話も楽しいうちは良いのですが

それがゲームの範疇を超えてしまっていると感じるなら
現実空間で難関国家資格の一つでも取得したほうが~?という話。
無論、そういうゲーム内での数字の積み重ねが楽しいうちは
趣味として何の問題も無いのですが。

零式や絶をある程度消化し、
消費される自身の可処分時間を理解したところで

「後何回やるの?」と思ってしまったら
一旦距離を置いたほうが良いかもしれません。










最近はpvp系のゲームを適当に遊んでいます


snapshot_2020_10_27.jpg

コロナ禍で外出自粛期間中は
外に出れない鬱憤をゲームにぶつけていましたが、
徐々にそういった状況も落ち着きを見せ
最近は日に1~2時間pvp系のゲームを遊んでいます。

画像はコンカラーズブレード(steam)
のキャラクター情報画面。

統率が770を超えて
兵団の編成にけっこう余裕が持てるようになり
楽しさの幅が広がってきました。

中の良いフレンド達と一緒に戦場を駆け回るのは
とても楽しく、何かの拍子に一気に全滅とかは無いので気楽。
しばらくは別ゲーを遊ぶ期間が続きそうです。

Sponsored Link


Sponsored Link